楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


痩せる姿勢(体重バランス)

  ウエストと脚を細くする体重のかけ方


        楽々細マッチョ筋トレ シリーズ


このページは北島達也先生(ボディービルダー)の

説をベースにしています。






太る姿勢=踵(かかと)重心 ウエスト編


▽下図 踵重心(水色矢印)ですと

横からの力(赤矢印)に負けやすくなります。

そこで脇腹(緑矢印)で横の力に抵抗しようとします。





▽下図 左右からの力に対抗するため

脇腹が緑の方向に発達。

ウエストが太くなります。

下腹も出やすくなります。





つま先重心(親指重心)だと、

独楽(コマ)のように体重軸が中心に集まり、

逆三角形の体型になります。











太る姿勢=踵(かかと)重心 脚編


踵重心だとヒラメ筋の下部が発達し

足首が太くなります。





鳥類や犬、馬など多くの動物は、

踵が地面につくことがない骨格で、

常に『爪先立ち』の姿勢になっています。

馬の蹄は、中指1本が発達したものです。

速く走るためには、つま先重心が理想だからです。








踵重心ですと大臀筋下部が発達して

お尻が下がって見えます。

つま先重心ですと

中臀筋上部が発達し

お尻が上がって見えます。










 





ウエストと脚が細くなりやすい姿勢=つま先重心






僧帽筋を収縮させる











▽踵重心の体型