本文へスキップ

楽道 やせたい病


やせたい病
「やせる=美しい」と誤解し、
大事な筋肉を削りながらやせていきます。
やせるときは筋肉と脂肪が失われますが、
リバウンドで太るときは脂肪だけ増えます。
結果的に筋肉が失われていきます。
筋肉が減ると基礎代謝が少なくなるので、
太りやすくなります。

このようにして太りやすい体質に変化します。
はじめは、3日のダイエットでやせたのが、
1週間ダイエットをしてもやせなります。
ファスティング(断食)しても
、やせにくい体質になります。
さらに、タンパク質不足から、皮膚が劣化。

「やせる=シワシワおばあちゃん化」
というホラー話になっていきます。

皮膚はコラーゲンというタンパク質でできています。
10代で10日、50代で100日かけて
ターンオーバーします。
ターンオーバーとは古い皮膚が新しい皮膚と
入れ替わることです。
新しい皮膚を作るのに材料が要ります。
タンパク質とビタミンCです。
さらに皮膚ビタミン・ミネラルとして、
ビタミンA、ビタミンB6、セレン、鉄、亜鉛が必要です。

水溶性ビタミンの個人差は150倍。
脂溶性ビタミンとミネラルの
個人差は10倍あります。
もし他の人よりも、
あるビタミンが150倍必要な遺伝子を
持って生まれたならば、
通常の食事でも不足します。
まして、ダイエット時は確実に不足します。

続きは下記より