楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 




癌は自分で治せる時代 





藤川徳美医師のFacebookより

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa



宗田医師もガンに取り組み始めたようで、

糖質制限 断糖肉食で癌治療が

本格的にスタートする予感がします。

「もしガンになったら

1.糖を体の中に入れない、体の中で糖を作らせない

1-1)一食5g以下の断糖肉食

ガンはグルコースを栄養として嫌気性解糖を行っている


糖質5g以下なら追加インスリンが分泌されない

玄米菜食、ゲルソン療法では

栄養失調になって長期的には衰弱するはず

1-2)ビタミンB+C点滴

がん細胞はブドウ糖と構造が似たビタミンCを

取り込んで代謝障害を来す

糖質制限+C点滴、これが最強のはず

1-3)メトホルミン(糖尿病治療薬)

糖新生を強力に阻害する

タンパク質が糖質に変換されなくなるため

腹一杯肉が食べられる

2.乳酸を溜めない、ミトコンドリアを活性化する

2-1)ベンフォチアミン(脂溶性B1)

予防の場合は週1回だが、治療の場合は毎日

2-2)B50コンプレックス+ナイアシン

予防の場合より多め、頻回服用

B50は毎日3~4回、ナイアシンは2回




3.温熱療法

陶板浴、毎日2年間、体温を1℃上げる

三井式温熱器、局所へ毎日注熱

上記組み合わせが現状ではベストと思われる」






藤川医師の説は素晴らしいですね。

それ以外には、小さなことで怒らない 心配しない

悪口や陰口を言わない

なども重要だと思います。





放射能は癌を誘発しますが、

癌を増殖させることできません。

癌を増殖させることができるのは、

ブドウ糖だけです。

ブドウ糖点滴など最悪ですね。



タンパク質で血糖値が上がる人もいますので、

そういう人は少食頻回

少食頻回 断糖肉食 スロ肉(断糖肉食)

これで糖尿病以外の人は、

24時間、血糖値は100以下です。

血糖値100以下では癌は増殖できないです。

怒ったり イライラしたり 

心配したりして血糖値が上がることもありますので、

血糖値が100以上にならない範囲で、

怒ったり心配したりしましょう。








安保徹著 

「ガンは治る、ガンは治せる ―生命の自然治癒力」 2007年 より




『ガンの自然退縮の時に何が起こるかといいますと、

ガンが死ぬときに腫瘍マーカーが上がるんですね。

腫瘍マーカーはがん細胞の抱えている、

膜とか細胞質の構成成分ですから、

ガンが死ぬときに腫瘍マーカーが

上がるときがあります。


ですから、体調さえよければ、

腫瘍マーカーが上がると

喜ぶくらいの感覚でないといけません。


あとCTなどで検査して、

ガンのサイズが

急に大きくなってびっくりすることがあります。


このときはガンの中が壊死して治っている、

ということも、

長崎の田嶋先生が症例をほうこくしてらっしゃいます。


見かけが大きくなって、中が壊死する、

線維が強いときはそのまま空洞化して治るし、

弱いときはそのあとで潰れるという形をとるんです。


だから、あんまり、

腫瘍マーカーがあがったり、

ガンのサイズが大きくなったといって怯えて、

せっかく体にいいことやって、

さらに体調もいいのに、

また体を痛める治療に引き込まれる人も多いです。

そこは、注意したほうがいいですね。


あと、京都研究所の福田先生は、

転移したあとにいい結果が出るという症例を

いっぱいもってらっしゃいます。

やはりリンパ球が働き出すと、

もとのガン原発巣は悲鳴をあげて

ガンがちらばっていくんですね。

そして散らばったあとにスッと消えていく。


意外と、肺転移・肝転移・骨髄転移した後に

消えていくことがある。

転移をあまり気にすることはないですね。


あとひとつ、治るときに通る、

知っておかないといけないことがあります。


温めて温めて、

あるところまでは外から熱を加えて

体温を上げているんですけれども、

さらにすすむと自分の力で

体温を上げる反応が起こりだす人が結構います。


実はその時に

リンパ球が最高の働きを示すわけです。


ただ、その時の発熱の注意というのは、

熱は副交感神経の極限でおこるために、

熱が出たときにとてもだるいんですね。

痛みも出ます。そうなると体もだるく、

痛みも出るとなると、

また悪くなったんじゃないかと思ってしまいがちです。


せっかくいままで体にいいことを続けてきた人も、

また慌てて抗がん剤治療に引き込まれる、

という流もあるので、

発熱もプラスになるということを

知っておく必要があると思いますね。』




後半は毒出しの説明です。

安保徹医師の言うように

「癌は自分で治せる時代」に入ったようです。





下記は癌を治した体験談です。

この手の体験談はネット上では多数見かけますが、

こちらの体験談は、癌ステージ4の診断書

三大治療法(手術 抗がん剤 放射線療法)なしで、

5年後、全身のどこにも癌がないというCTスキャンでの

診断書が提示されています。


癌を治した体験談


このような体験談はきわめて稀でしょう。


私は先日、直接お目にかかって、

1時間ほど、詳しいお話をお伺いできました。

私は生まれて初めて、

末期癌を三大療法以外で治された方と

出会えました。





三大療法を拒否した場合

あるいは、三大療法を行いながら、

別の治療法を併用する場合。

最近は、病院でも代替医療

水素吸引 ホルミシス療法 温熱療法

など行う病院も増えてきました。

しかし、自由診療のため、料金は高額です。

入院して治療を受ける場合、

入院食で一日糖質250g摂るようでは、

せっかくの治療も効果は半減します。

入院食が糖質制限の病院もありますが、

まだまだ数は少ないです。



自宅で行うならば、 こちら を参考にして下さい。


私のお勧めは 陶板浴 です。

食事法と同じくらい

あるいはそれ以上の効果だと思います。


補助に 三井温熱治療器






体の外から陶板浴で温めて、

体の内から食事法で温めて、

温かい言葉で心を温めます。

体と心、両方を温める必要があります。

冷たい言葉と心の人から離れ、

温かい言葉と心の人と供に生きましょう。

いやそれよりも、

ご自身が温かい言葉と心の人になれば

それが一番です。


温かい体と心と言葉が人を治します。




癌が治るとは、癌を予防するとは、

体温も体も子宮も乳房も胃腸も手足も温かくなることです。

そして、なにより言葉と心が温かい人になることです。

その暖かさはご自分だけでなく、

周りの人も癒やすでしょう。










体調が良くならなければ恐怖は消せない


癌の方の一番のストレスは、

自分が癌であると言う恐怖です。

これは、気持ちをポジティヴにとか、

前向きにと言われても、

簡単に変えることができる物ではありません。

ところが、どんどん体調が良くなると、

自然に気持ちが変わります。


ある膀胱癌の男性。

手術を延期してもらい、

(次の検査で大きくなってたら手術という約束で

検査で大きくなってなかった)

食事法と陶板浴で体調を改善中。

食事法3ヶ月で体調は少しずつ改善しましたが

長年のだるさは改善しませんでした。

陶板浴購入。

毎日、数十分を数回の使用。

気持ちの良い下痢が続き、

15日目くらいで、だるさが一気に抜けました。


先日、彼が治療に来ましたが、

茨城から東京に来るまでの駅の階段の上り下りが

全く苦痛でなくなくなった

夏の暑さが気持ちよくなった(猛暑の日です)

体調が良いから、うれしくてしょうが無いのでしょう、

ニコニコしてました。

癌の方をずいぶん見てきましたが、

こんなにニコニコしている人は初めてです。



気持ちを変えるのが一番大事ですが、

そのためにも体調が良くならなければいけません。

痛い だるい 体が重い 息切れする 浮腫む

では気持ちを切り替えるのは難しいです。