楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 




抜け毛予防と栄養





サプリメント摂取は個人差があります。

不具合を感じたら中止するなど

注意した方が良いと思います。





● タンパク質

髪の毛はケラチンでできています。

ケラチンはタンパク質です。

抜け毛にはまずタンパク質です。

動物性タンパク質です。

断糖メガ栄養食でどうぞ。





● 糖質制限

言うまでも無いですが、

糖質で毛根が糖化します。

糖質は少なく。






● ビタミンA 

少なくても抜け毛 摂りすぎても抜け毛


不足による症状

頭皮の栄養障害を引き起こす。

薄毛・抜け毛・細い毛の原因になる。


過剰摂取による症状

頭皮が硬くなり、栄養障害を引き起こす。

薄毛・抜け毛・細い毛の原因になる。

一般男性の1日の推奨摂取量

推奨摂取量:2,000IU(600μg) (これ以下なら不足注意)

上限値:5,000IU(1,500μg) (これを超えてたら要注意)

育毛目的の推奨摂取量:2,000IU~5,000IUの範囲内

とにかく上限値5,000IUを超えないように注意。

ビタミンAの多い食品

バター100g 510ug

豚レバー100g 14,000ug


サプリは要らないでしょう。

食事からで充分摂れます。

レバーは多いので注意が要ります。






● 亜鉛


  1日の平均必要量   推奨量    上限量
男性   8mg   9mg   30mg
女性 6mg 7mg 30mg


詳細
 








● 鉄
 
詳細


藤川徳美医師のお勧め鉄サプリ

(国産のサプリではフェリチンは上がりません)



アドバンスドフェロケル

   







● L-システイン


目の使い過ぎは薄毛の原因になります。

目を酷使した際の修復に使用されるアミノ酸の一種の

システインは、

毛髪生成時の材料です。

目の使い過ぎで目の修復にシステインが使用されると、

毛髪生成時に十分な量を使えなくなります。

また、システインには毛髪を太くする

コラーゲンの生成を促す作用もあるので、

他で使い過ぎるのは毛髪の成長にもよくないです。


システイン(シスチン)とは何か?

システインは必須アミノ酸であるメチオニンから

肝臓で作られ、

頭髪、爪、肌のケラチンを構成する

非必須アミノ酸のことです。

肝臓を有害物質から守り、

組織の酸化や脂質の酸化を防ぐ働きがあり、

しみ、そばかすを薄くするサプリメントとしても有名です。

髪を作る材料にもなります。


システインを増やすには?

毛髪はたんぱく質が体内で分解された

成分であるアミノ酸からできています。

そのアミノ酸の正式名称がシステインです。

長時間のパソコン、ゲームといった目の酷使による

網膜への負担や、

飲酒によって増えた有害物質アセトアルデヒドを

代謝することによってもシステインは消費されるので、

薄毛・抜け毛を気にする人は、

システインの消費を抑える生活を心がけるか、

消費されるシステインを補う生活を心がけましょう。


システインの育毛効果は?

システインはあくまで毛髪生成の材料だから、

過剰摂取しても育毛効果があるかどうかは不明です。

目を酷使したり、お酒を飲む機会が多いといった、

システインを消費する生活を送っている人は、

消費した分のシステインを補う事は心がけるようにしましょう。




サプリメントは1日あたり1000mg~1500mgが

無難と思います。

上記商品では1錠で500mgです。

上記商品で1日2~3錠。


システインのサプリは1カ月以上は飲み続けないと

目立った効果が現れません。

L-システインを摂取する際、

活性酸素の発生を防ぐために

ビタミンCも一緒に摂取した方が良いようです。

(上記商品にはビタミンCが入っています。)

システインは美肌効果がありますが、

その一方、髪を白くすることもあるようです。

下記のビオチンがそれを防いでくれます。

ビタミンCを多量に摂るのもよろしいでしょう。 


ビタミンC多量摂取






● ビオチン

http://matome.naver.jp/odai/2142421001272860301より

ビオチンは、ビタミンBの一種。B7。

別名ビタミンHとも呼ばれます。

近年になってアトピー性皮膚炎や

掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう)などに

関連があると言われるようになりました。

皮膚の炎症を抑えてくれたり、

コラーゲンの生成にも関わっており、

皮膚が再生する力を高めたりもしてくれます。

爪にもビオチン

ビオチンは爪を強くしてくれる働きがあるため、

競走馬の馬のひづめを丈夫にするときにも使われています。

もちろん人にも有効です。

白髪の改善にも!

成人の場合、元の黒髪に戻るのは難しいとされていますが、

ビオチンを補給することで髪の色が

もとの黒にもどる場合もあります。

ビオチンはこのように、髪の健康や状態にも関係があり、

抜け毛や白髪が急に増えてきた人は、

積極的にビオチンを摂ることで改善する可能性があります。




ビオチンは劇的に吸収されるものではないことと、

体内ビオチンが増加しても、

免疫バランスが安定してくるには

時間がかかるため

効果は時間がかかります。

ビオチンの一日の所要量は

成人で30~50μg(マイクログラム)程度だといわれますが、

ビオチン療法では一日あたり

1000~10000μg(1mg~10mg)を目安にし、

それを毎食後、複数回に分けて服用しましょう。

1回あたり1000~3000μgを目安にそれを毎食後服用します。

上記商品で1日2~3錠。1回1錠を2~3回。


http://xn--kck3b9b2g.jp/%E6%91%82%E5%8F%96%E9%87%8F/より

アレルギー緩和の効果が期待されているビオチンですが、

充分な科学的根拠がそろっていないため、

今のところ摂取基準量は定められていません。

ビオチンの働きは解明されていない部分が

多いというのが現状です。

摂取したビオチンのどのくらいが

体内で利用されているのか、

食品の中にどれくらい含まれているか、

こういったことはよく分かっていません。

摂取量の上限は?

実は、ビオチンは摂取上限も設定されていません。

充分な研究データがまだ集まっていないため、

明確に決めることができないからです。

ただし、もともと日々の食事から摂れる量は

それほど多くないので、

過剰に摂ってしまう可能性はありません。