バストアップ リンパ 美乳

楽道

バストアップ 美乳作り リンパマッサージ 乳房の美しさ 乳を大きく 形を変える 乳房のたれ たれ乳改善 バストの冷え性

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 




バストアップ  美しく女性らしいバストのために

小さなバストは、バストの冷え性が原因

( 張り 膨らみ 形の良さ 大きさ 乳首の黒ずみの改善 ) 






バストの膨らみは


胸の大きさは脂肪細胞によるものです。

脂肪細胞は乳腺で決まります。

乳腺は、乳汁を作っている 乳線葉 と

乳汁が通る 乳管 からなります。

(乳腺は15から20の乳腺葉に分かれ、

それぞれの腺葉が多くの乳腺小葉に分かれます。)







乳腺が発達しているほど、

それを守ろうと脂肪がたくさんつきます。





小さなバストは、バストの冷え性が原因


バストが他の部位より冷たくありませんか。

バストが冷えていると、リンパ・血行がよくないです。

乳腺の発達は女性ホルモンである

エストロゲンとプロゲステロンと深く関わっています。

エストロゲン・プロゲステロンは、血管やリンパ管を流れています。

流れがスムーズであれば、

エストロゲン・プロゲステロンはバストに到着しやすくなります。

血行・リンパの流れが悪ければ、

バストにホルモンや栄養が届きません。





放射状胸肋靱帯(下図)や 

乳房周りの腱・靭帯がネジのように締まると、

流れが停滞し、バストが冷えてきます。






乳首の変色 黒ずみ



糖化 が進んだのと、

脇の下や乳房周りの腱・靭帯がネジのように締まり、

リンパの流れを遮断しているのが原因です。





バストに女性ホルモンがちゃんと届くには、

リンパ節が圧迫を受けていず、

リンパの流れが良いことが大事です。







癌細胞がリンパ管経由で乳房に入る図。






より詳しいリンパ節の図。







肩や腋窩(脇の下)の腱がネジを締めたように緊張すると、

リンパを停滞させてしまいます。









多くの腱・靭帯が関係しますが、

その一つを例に上げます。

前鋸筋の腱です。




健康で美しい乳房は、

脇の下周りの腱・靭帯が

緩んでいる必要があります。

参考に 呼吸スクレイパー






脳下垂体とバスト

女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンは、

脳下垂体から刺激を受けて、

卵巣で生成されます。

下図の矢印が 脳下垂体






ストレス・頭脳労働の疲れなどで、

頭蓋骨がネジを締めたように緊張し ツノ がひどくなると、

本来の能力を発揮できません。




原因はこれで間違いないと思いますが、

治療法に関してはまだ研究段階です。

そのたバストアップ 胸を大きくする 効果は保証できかねます。

呼吸スクレイパーは呼吸を深くすることが治療の主目的になります。