楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 





陶板浴を快適にするためにクッションを






陶板浴用の最大の欠点は硬いということです。

そこでブレスエアーという寝具用の材料を敷いてみました。

購入先



図のように隙間だらけで、通風が良いですが、へたりにくいです。







これを陶板浴よりやや小さめのサイズに切り、

(熱を逃すため)

シーツを掛けます。

試してみましたら、

今まで陶板浴の最大の欠点であった硬さがなくなり、

フワフワです。

それでいて、通風が良いので、陶板浴の熱をちゃんと伝えます。

マットの厚さは4センチですが、

効果は、直に寝ているのとあまり変わりません。

すぐれものです。




効果に影響はないということを、。

陶板浴会長からの確認済みです。

ですが、熱の伝わりが悪くなるので、

設定温度を2度ほど上げると良いでしょう。


あまり長時間熱がこもると機械に負担を掛けるので、

一晩中使用するのは止めた方が良いです。

個人で使う分には長くても1~2時間くらいでしょうから

それくらいなら問題ないでしょう。


付属のカバーは厚めで、熱がこもるのが嫌だから、外し、

ブレスエアーに

薄めの布団カバーや布団シーツを掛けています。



いくつか注意点を。

カバーを掛けたブレスエアーを陶板浴に敷くと

とても滑りやすくなります。


私は、ワンタッチシートと言うシートを使っています。

これは上から被せるタイプで

ブレスエアーの底面は覆いません。

これですと、滑りやすさはだいぶ防げます。

ただブレスエアーのカスみたいのが出ます。



ブレスエアーが

陶板浴の熱で溶けるのではという心配もありますが、

いまのところ大丈夫です。

私は仕事時間中、10時間ほど連続使用してますが、

患者さんが途切れたときは、

ブレスエアーを半分に折り、熱がこもるのを防いでおります。


なお、ブレスエアーの方が、陶板浴よりも大きいので、

ハサミでブレスエアーを適切サイズに切って使っております。

お好みでどうぞ。


熱がこもるのと、マットが滑るのにはご注意下さい。



陶板浴説明に戻る