呼吸が浅い 深く 乳房 治療 

楽道

呼吸が浅い 深く 乳房 治療

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 




呼吸(肋骨)スクレイパー
  

   呼吸を深くして全身を改善 美肌
  
   乳房・呼吸器  姿勢を良くする

   脇の下のリンパ





胸骨 肋骨 肋軟骨 背骨で囲まれた部分(胸郭)が広がることで、

私たちは呼吸しています。

  (胸郭が広がる→肺が拡張→肺の気圧が下がる→

  気体は気圧の高い方から低い方に流れるので、外気が肺に入る。)






肋軟骨と 放射状胸肋靱帯の

柔らかさが呼吸の深さに大変関係します。

肋軟骨は老化や疲労で

石化し硬くなります。






放射状胸肋靱帯 (下図は靭帯をネジに例えた図)

もストレスなどで、硬くなります。




硬くなると収縮(短くなる)しますので、

肺が十分ふくらむことができず、呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、疲労が回復しにくくなります。

呼吸が浅くなると、はじめに影響が出るのが皮膚です。

皮膚病から、様々のお肌のトラブルの原因になります。

酸欠から、癌など様々の病気の原因になります。

(癌細部は酸素が少ない状態でも増殖しやすいため)




ストレス・過労・姿勢が悪いなどで、

下図の肩周りの靭帯が緊張します。






ストレス・過労・姿勢が悪いなどで、

大胸筋などの腱(赤矢印)が緊張します。




腱・靭帯が緊張で収縮し、

下図のように、骨が引っ張られる働きが起きて、

姿勢が悪くなります。

姿勢を良くしようと気をつけると、

硬くなった肋軟骨、放射状胸肋靱帯、腱・靭帯を、

無理矢理伸ばさなければいけないため、

とても苦痛で長く保てません。









脇の下は大事なリンパ節がある場所です。

癌細胞をここで食い止めて乳がんなどを予防しています。

脇の下で、肩甲骨と肋骨の間が狭くなると、

乳腺に悪影響が出ます。

乳房の健康には

リンパ節が圧迫を受けていず、

リンパの流れが良いことが大事です。






より詳しいリンパ節の図。








癌細胞がリンパ管経由で乳房に入る図。







肩や腋窩(脇の下)の腱がネジを締めたように緊張すると、

リンパを停滞させてしまいます。








癌細胞がリンパ管経由で乳房に入る図。






多くの腱・靭帯が関係しますが、

その一つを例に上げます。

前鋸筋の腱です。(ネジで表現しています)





健康で美しい乳房は、

脇の下周りの腱・靭帯が

緩んでいる必要があります。

乳房 バストアップなどについては  こちら  を参考に。

原因はこれで間違いないと思いますが、

治療法に関してはまだ研究段階です。

そのたバストアップ 胸を大きくする 効果は保証できかねます。

呼吸スクレイパーは呼吸を深くすることが治療の主目的になります。