楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 
                       








補足説明2 甲状腺と髪の毛





なぜ抗がん剤で髪が抜けるか


抗がん剤で髪の毛が抜けることがあります。

なぜ抗がん剤で髪の毛が抜けるのでしょうか。

それを考えれば、薄毛・若はげ解決の糸口になるのでは、

ないでしょうか。




抗がん剤の多くは、

がん細胞が分裂・増殖するのを妨害します。

抗がん剤は、がん細胞だけを攻撃するわけではなく、

正常な細胞も攻撃を受けます。

頭髪の毛根細胞は、分裂がさかんで、

若い人ではほぼ24時間に1回分裂します。

抗がん剤によりこの細胞分裂能力が低下します。

では、健康な細胞の細胞分裂能力を高めることはできないでしょうか。

それができれば、髪の毛も増やせるし、

皮膚などの若返りにもつながります。

癌細胞を殺す免疫細胞も増やせます。





新しい細胞に入れ替わる


細胞分裂能力を高めるとは、

簡単に言えば、新陳代謝をよくすることです。

人間一人の細胞は60兆個あり、

この細胞が新しいものに入れ替わっていく活動が新陳代謝です。

30秒毎に一億個以上の細胞が死に、

30秒毎に一億個以上の細胞が生まれます。

これが新陳代謝です。

肌の細胞は28日周期で、心臓が22日周期、

胃腸の細胞は5日あまり。

筋肉・肝臓などは約2ヶ月間の周期。

骨の細胞3ヶ月周期。








甲状腺を物理的に刺激できないだろうか


甲状腺ホルモンには、髪の毛の成長を促す作用があります。

甲状腺機能低下症で脱毛が見られることは古くから知られています。

甲状腺とは新陳代謝に関わりのあるホルモンを分泌する内分泌腺です。

大きさ 幅2センチ 長さ4センチ 

外部から触れてもほとんど分かりません。

化学的に治療するとなると、薬物を使うことになりますので、

これを自分で物理的に刺激できないでしょうか。

そんな試みを考えてみました。



まず、甲状腺の位置です。

男女で違います。








中頚神経節と星状神経節を治療






頚椎5番から7番の(下図Aの緑の丸)の

棘突起の横(下図Bの赤い丸)を治療。
















これらの改善方法は、

DVD自力ツノ治療をご購入なされた方に、

無料で公開いたします。

公開先はPC・スマホでご覧いただけますが、

携帯には対応していません。

下記よりご覧いただけます

DVD追加情報ページへ