楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 



うつ・パニックは

  「鉄」不足が原因だった

     タンパク質不足が原因だった







内容紹介
気分が落ち込む、やる気が出ない、
イライラ、息苦しさ、動悸、
めまいやふらつき、倦怠感、
朝起きられない、冷え性、頭痛……

地球上で最も重要な元素(鉄=Fe)の不足が、
「エネルギー不足」と「ストレスへの脆弱性」を引き起こす!


◎内容
あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない――。
日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、
諸外国と比べても日本人の鉄不足は深刻だ。
しかし普通の検査では見逃されてしまい、また日本では鉄不足への認識が甘いため、
多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。
著者は近年、うつ病やパニック障害の患者に「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法を取り入れたところ、
精神科薬を脱し鉄剤投与のみとなり治療を終了(完治)する患者を続出させている。
地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。最初の生物、シアノバクテリアをはじめ植物も動物も、
鉄なしではエネルギー代謝を維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞る。
多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。


◎目次

はじめに

第1章 日本女性の8割は鉄が空っぽだった――うつ・パニック障害は「鉄・タンパク不足」が原因

第2章 「鉄・タンパク不足」を伴う不安・うつ・パニック障害治療の実際

第3章 鉄――地球・生命にとって特別な元素

第4章 エネルギー代謝と鉄――あらゆる病に鉄不足が関わる理由

第5章 医師はなぜ栄養について知らないのか――治療の旧パラダイムから新パラダイムへ

第6章 【実践編】鉄吸収を良くする「低糖質+高タンパク食」とサプリメント

おわりに

参考文献


◎著者プロフィール
藤川徳美(ふじかわとくみ)
1960年、広島県生まれ。医学博士。1984年、広島大学医学部卒業。
広島大学医学部附属病院精神神経科、県立広島病院精神神経科、
国立病院機構賀茂精神医療センターなどに勤務。
うつ病の薬理・画像研究や、MRIを用いた老年期うつ病研究を行い、
老年発症のうつ病には微小脳梗塞が多いことを世界に先駆けて発見する。
2008年に「ふじかわ心療内科クリニック」(広島県廿日市市)を開院。
気分障害、不安障害、睡眠障害、ストレス性疾患、認知症に対して
多面的な治療法を採用しながら治療にあたっている。
内容(「BOOK」データベースより)
あなたの不調は、「鉄・タンパク不足」の症状かもしれない―。日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、諸外国て比べても日本人の鉄不足は深刻だ。しかし普通の検査では見逃されてしまい、また日本では鉄不足への認識が甘いため、多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。著者は近年、うつ病やパニック障害の患者に「高タンパク・低糖質食+鉄剤」療法を取り入れたところ、精神科薬を脱し鉄剤投与のみとなり治療を終了(完治)する患者を続出させている。地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。最初の生物、シアノバクテリアをはじめ植物も動物も、鉄なしではエネルギー代謝を維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞る。多数の症例を交えながら、鉄・タンパク摂取の重要性を伝える。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤川/徳美
1960年、広島県生まれ。医学博士。1984年、広島大学医学部卒業。広島大学医学部附属病院精神神経科、県立広島病院精神神経科、国立病院機構賀茂精神医療センターなどに勤務。うつ病の薬理・画像研究や、MRIを用いた老年期うつ病研究を行い、老年発症のうつ病には微小脳梗塞が多いことを世界に先駆けて発見する。2008年に「ふじかわ心療内科クリニック」(広島県廿日市市)を開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品の概要に戻る