楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限




腸内細菌 

質的栄養失調が治れば自然と腸内は正常に

質的栄養失調→腸の糖化+機能低下→腸内環境悪化





腸内環境より糖化改善


私は腸内環境改善の優先順位をかなり低めにしています。

腸内環境を整えて健康になるのではなく、

質的栄養失調が改善されて、自然に腸内環境が良くなります。

腸内環境の定義が曖昧だと話になりませんので、

いくつかに分けて考えてみます。


①便通が良いこと=腸内環境が良いこと?

仮に便通が良いことが腸内環境が良いことでしたら、

玄米菜食の人たちは皆さん素晴らしい腸内環境です。

私は玄米菜食時代、毎日4回くらいの便通でうんざりしてました。

小食でも良く出ます。仕事前に2回くらい済ましておいても、

仕事中に行きたくなります。

仕事中に大の方でトイレに行きたくないので、とても不便でした。

「宿便」の考えがある流派ですと、

便量を増やすためにいろいろな方法があります。

断食して宿便を出すという流派もあります。

それだけ便通にこだわっても、

健康になれるかというと必ずしもそうではありません。

1日4回便通があって大腸癌になった人がおります。

便量と健康度は正比例しないです。


②腸内環境検査

腸内環境の検査法があります。

しかしこれをどれだけ信用していいか。

私は遅延型アレルギーテストと同じくらい疑問を持っています。

コレステロール値や血圧の値も諸説あります。

基準値自体が間違っているかもしれません。

腸内環境はいまだ宇宙のように未知の部分が多すぎ、

いまの段階で決めつけるのは無理があります。


③カンジダ

カンジダ、ノロ、ガン、見つけて殺すというのではなく、

質的栄養不足改善で

自然にバランスが取れていくやりかたがよいのではないでしょうか。

カンジダが病気を作るのではなく、

カンジダが増える環境(糖化 質的栄養不足)が問題です。


④プロバイオティクス

それなりに効果はありますが、

このように外から足すのではなく、

自然と内から整うのが理想です。


⑤リーキーガット

ピルや抗生剤の悪影響を訴えた点で高く評価しています。

ですがリーキーガットは原因ではなく結果です。

腸細胞もタンパク質ですので糖化の影響を受けます。

リーキーガットダイエットでは、

果物(ベリー類)や玄米も勧めていますが、

腸の糖化を勧めてしまいます。



結語 中身よりも入れ物


腸内の環境よりもまずは腸の糖化改善を優先しています。

腸管を形成する筋肉、平滑筋の中にもコラーゲンがあります。

小腸の上皮細胞には無数の血管が走り、

栄養を消化吸収する小腸には絶えず糖質が送り込まれてくるので、

ここでAGEが生成されます。

その結果、腸管上皮が硬くなり、消化吸収能力が低下し、

蠕動運動を起こすしなやかさが失われます。

さらには大腸では慢性の糖化が進めば炎症反応が引き起きます。

順番として糖化を改善、細胞の再生に高タンパク。

腸の細胞が丈夫になれば腸内環境は自然に整います。






腸内環境改善には下記を


▽ グルタミン


腸内環境の前に小腸自体を健康にしなければ行けません。

小腸はグルタミンを餌にしています。


▽他のお勧めサプリ






乳糖やオリゴ糖、多糖類は腸内細菌のエサになり

腸内細菌が増えるというのは、

正確にはエサになるのではなく、

腸内細菌が乳糖などにより刺激を受けて、

それを除去するために増えます。

内臓に出血があるときに白血球が増えるのと同じです。

つまり異物、エイリアン、邪魔者でですね。

乳糖やオリゴ糖、多糖類は

ウイルスや細菌類と細胞膜が同じなので

免疫機能が働いて自己免疫が上がります。



食物繊維や希少糖類をまったく食べなくても

ケトン体を血中にめぐらせておけば、

豊富な短鎖脂肪酸(ケトン体)を体から供給できます。

腸内細菌によって作り出される

わずかな短鎖脂肪酸に比べ、遙かに効率が良いです。




http://logmi.jp/107208より

MECの渡辺医師のご意見

「善玉菌、悪玉菌というのは牛の話

それから善玉菌、悪玉菌というのは、

あれは牛の話であって、草を食べる。

おなかのなかで草を発酵させるのが、牛なんですよ。

牛は草の栄養で生きていくわけではなくて、

牛は自分で菌を飼ってるんです。

その菌が食べた草を発酵させて、

その菌が草で増えていくんです。

その菌がたんぱく質、ビタミンを作るんです。

その菌が脂肪酸作ってくれるんですね。

それで吸収していくのが、牛なんです。

だから、牛も草で生きていくわけではない。

じゃあ、人間はその牛みたいに4つの胃袋を持って、

こんな長い腸があるかっていったら、持ってないから、

人間の体は野菜を発酵させることができない。

だから、善玉菌、悪玉菌なんて、あんまり関係ないわけです。

直接に肉を食べちゃえば、菌はいらないです。

だけど、一部の肉を食べない人、野菜だけを食べる人は、

たまたま牛の糞を食べたら、

牛の菌が住み着いちゃってね、

草をショリショリ、炭水化物、繊維を消化して、

そこから、脂肪酸を作る特異体質の人もあるとは思いますけど(笑)。






腸内細菌に関しては実は

ほとんど分かっていないようです。

主に肉食批判で、

ベジタリアンさまが腸内細菌に良いという説も、

そもそも腸内細菌のどういう状態が良いか

分かっていないので、全くの空論となります。


以下の文章は、私達がいかに腸内細菌について

分かっていないか、

腸内細菌が未知の分野であるとこを教えてくれています。




https://www.facebook.com/nobunaga.yoshitomi?fref=nf

より引用



狩猟採集民の腸内細菌


最後の狩猟採集民と言われている

タンザニアに住むハッザ族の、

腸内細菌を調べた研究があります。

この研究は、ハッザ族と

近代的な欧米人(イタリア)を対象に

それぞれの腸内細菌を比較したものです。

ハッザ族は世界で最も健康な民族

と称する学者もいるほど、

私たち現代人のような生活習慣病や

免疫疾患がほとんどありません。

一般に、健康的な腸内細菌叢は

善玉:日和見:悪玉=2:7:1などと言われています。

しかし、ハッザ族の腸内細菌叢は

私たちの想像を超える独特な特徴がありました。

まずハッザ族は、

対照群である欧米人と比べ、

とても多様性の高い腸内細菌叢を形成していました。

ハッザ族の細菌の22%は

いまだ分類すらされていない未知のものであったのです。

この多様な細菌叢にもかかわらず、

私たち現代人にはおなじみの善玉菌

を代表とするビフィズス菌がほとんど存在していませんでした。

腸内細菌学者によると

ビフィズス菌は私たち人間の健康を保つのに

必要不可欠な細菌であるといわれています。

ビフィズス菌は乳児の時に

母乳で摂取・曝露することができ、

生後の数か月の腸内細菌叢の

大きなシェアをほこる菌にもかかわらずです。

研究者らは、狩猟採集民にビフィズス菌がないのは、

ビフィズス菌は牧畜民や農耕民由来の食品に

存在するものではないかと推測しました。

さらに、現代科学の通説では

さまざまな疾患を生み出す原因とされる悪玉菌が

ハッザ族にとても多く存在していました。

クローン病や過敏性腸症候群などの疾患に

関係があると言われているトレポネーマ菌や、

梅毒・フランベジアを引き起こす細菌などが

豊富に存在していました。

トレポネーマ菌は病原性の日和見菌です。

①生活している風土や食性で腸内細菌が変わるため、

どういった形成層が良いというのは一概に言うことができない。

②一般に悪玉とされている菌を

健康体の人が高いレベルで保有していることから、

一概に分類することはできない。

③狩猟採集民の腸内細菌叢は

大きな多様性を持っている。

④腸内細菌の多様性を多く持った方が健康体である。






菜食主義の方から動物性タンパク質の悪影響として、

よく言われるのが腸内細菌です。

以下は括弧内は  ゆずるクリニック 原 譲医師

「糖質制限をかけると、腸内細菌のフローラが変化し、

善玉菌有意のフローラとなるようです。

悪玉菌の分泌する種々のエンドトキシン様物質がアレルギー、

その他、喘息、鼻炎などの外胚葉性症状を引き起こしているようです。

ただ、注意する点は、糖質制限食でOKとなっている、甘味類です。

これらは、人間にはもちろんカロリーとなりませんが、

腸内細菌には、ちゃんとした餌になるようです。

というわけで、甘味類全般に、

アレルギー疾患では、制限した方が治療効果はよくなります。」





つまり肉食で、

人工甘味料を含む糖質を全て止めると腸内細菌の環境が良くなる


ということです。


甘味料については下記を

人工甘味料








先祖がどの様な物を食べていたのかは、

遺跡から出土した骨に含まれる”タンパク”の構成要素である

”アミノ酸”を調べれば分かります。

人類の骨とライオンの骨を比べてみると、

我々人類はほぼ肉食で、

野菜などは少ししか食べていなかった事がわかります。

我々人間の胃・腸には、

野菜の食物繊維を消化する酵素はありません。

したがって、野菜の繊維を糞便状にするためには、

悪玉腸内細菌により、腐敗・発酵しなければなりません。

腐敗・発酵によって発生した、毒ガス(悪臭の元)や毒素が、

腸管壁を傷つけ、血管内に侵入し、全身を駆け巡って、

色々な免疫異常(リウマチ・喘息・クローン病・過敏性大腸炎など)が

起きます。

この腐敗・発酵の成長を止めようとして、

腸管内の水分を減らそうとするのです。

そうなると、便は非常に硬くなり排泄され難くなるのです。

これが便秘の原因で、

野菜の食物繊維を摂ればとるほど便秘がひどくなります。

多くの人達、殊に野菜好きの女性に便秘が多いのもその為です。

 1万年前になり、野生動物を殆ど食べ尽してしまった為、

野生動物を家畜として育てる為に農業を始めたのですが、

この時以来我々人間も農作物を食べる様になり、

癌をはじめとする色々な病気に悩まされる様になったのです。

 だから、崇高クリニックでは、

30年前より断糖=肉食ダイエット=旧石器時代ダイエットを取り入れ、

糖尿病をはじめとする色々な病気の克服に取り組んできたのです。
 
崇高クリニック 荒木医師のHPより





崇高クリニック院長:荒木 裕医師のHPより

「野菜」は諸悪の根源 http://www.suko-clinic.jp/blog/



 一般に「野菜」を食べないと”ビタミン不足”になると云われますが、

この考えは何等医学的・科学的な根拠もない『うそ』・『作り話』にすぎません。

どの動物でもすべての”ビタミン”を必要としていますが、

「肉類」しか食べない『肉食動物』も数多くいます。

ではその様な動物は、”ビタミン”をどこから得ているのでしょう。

云うまでもなく、自分自身の身体で作っているのです。

我々人間をはじめとして、皮膚はもちろんの事

「口腔粘膜」・「消化管」・「膣」には色々な細菌が附着しています。

人間の「小腸」・「大腸」には、

400種類・100兆個の腸内細菌が腸管壁に附着して棲み付いています。

400種類の「腸内細菌」には、我々の役にたっている「善玉菌」もあれば

増えすぎると体に害を及ぼす「悪玉菌」もあります。

「善玉菌」・「悪玉菌」のいずれも、

「小腸」・「大腸」に入った食べ物を食べ成長するのですが、

成長過程で「善玉菌」は”ビタミン”やその他の栄養素を作り、

その栄養を腸管壁から血液中に吸収しているのです。

「善玉菌」の餌は

”魚介類”や”肉類”に含まれる「タンパク」・「脂肪」であり、

「悪玉菌」の餌は”でんぷん”=”糖質”や”食物繊維”です。

「野菜」の主な成分は”糖質”と”食物繊維”であるので、

これらを食べると「悪玉菌」が増えます。

この様に食べ物は「小腸」で”お粥状”になるまで分解=消化され、

その中の栄養になる物だけが

体内に吸収され残った残渣は大腸まで運ばれ、

そこで水分を減らして便の形にし、その後排便で体外に排泄するのです。

私達は”食物繊維”を消化し栄養に変える「消化酵素」を

「胃」にも「小腸」にも持っていません。

だから「野菜」を食べると、「小腸」で”お粥状”に出来ず

そのままの状態で胃・小腸を通過し大腸にまで運ばれます。

「大腸」には「消化酵素」が全くありませんから、

排便する為に便をお粥状にするのはどの様にしているのでしょう。

「大腸菌」の中の「悪玉菌」である色々な

「腐敗・醗酵菌」=「イースト菌」=「カビ」が、

”食物繊維”を「腐敗・発酵」し”お粥状”にします。

「腐敗・発酵」によって出来た「毒素」や「毒ガス」が、

体内に吸収され色々な障害が起きます。

障害の中でも特に嫌なのが、「免疫障害」です。

たとえば、『リウマチ』・『喘息』・『ループス』・『食物アレルギー』などです。

「カビ」は成長すると『もやし』の様な『根』を”腸管壁”に食い込ませ、

その結果腸管壁が”ボロボロ”になり『潰瘍性大腸炎』などになります。

”便”は普通では殆ど”無臭”ですが、

「野菜」が発酵して出来る「毒ガス」交じりの”便”は

顔を背けたくなる様な”臭い”を発します。

その事がよく分かるのが、

「授乳中」の乳児の”便”には”悪臭”がありません。

母乳は”血液”から作られるので、

乳児の間は”肉食”だからです。

また体内に取り込まれた「毒ガス」は、

汗や口腔粘膜から体外に出ますから、

ひどい”体臭”・”口臭”の元となります。

 「野菜」を食べる事によって増殖する「悪玉菌」が

それ以上増えないようにする為に、

「大腸」にある”水分”を減らそうと身体は働きます。

その結果”便”は異常に硬くなり、排便が困難となり”便秘”になります。

「野菜」を食べれば”便秘”が解消すると云う話は、

全くの”デタラメ”で食べれば食べるほど”便秘”はひどくなります。

その証拠に世界中で

日本人ほど「野菜」を沢山食べる民族はありませんが、

多くの人達が”便秘”で苦しんでいます。

また「野菜」には「解毒作用」があるなどと

”デタラメ”がまことしやかに言われていますが、

「大腸」には「解毒作用」はなく、

「解毒作用」があるのは唯一「肝臓」だけです。

色々な政治的な思惑に”だまされない”事です。







腸内細菌とアレルギーの関係は深いですが、

糖質制限+高タンパク食で

アナフィラキシー 花粉症 CS(化学物質過敏症 Chemical Sensitivity)

アトピーなどがどんどん良くなっています。

玄米菜食 断食少食 

スイマグなどで便通を気をつけても中途半端にしか治らない病気が、

完治しています。

肉食が腸内細菌の環境を良くしているとしか思えません。

便通よりも糖化・同化の方が100倍以上大事です。

どんなに便通をよくして宿便をとっても膠原病は治りませんが、

便通など気にしないで糖質制限+高タンパク食で

膠原病が治ってしまいます。

腸内フローラとは、

ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けています。

これらは腸内細菌と呼ばれ、

個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築しています。

この微生物群集を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と

呼んでいます。

フローラ(Flora)は分類学の用語で植物群集を指しますが、

かつては細菌が植物の中に分類されていたためです。