楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限



タンパク質で原子が入れ替わる


【シェーンハイマーの実験】

シェーンハイマーは(米:Rudolph Schoenheimer 生化学者)

重窒素でマークしたアミノ酸をねずみに与え、

ねずみの身体のどの部分にタンパク質が吸収されるかを調べました。

重窒素というのは窒素原子のうち、

普通よりも少しだけ重量が重い窒素原子のことです。

アミノ酸は窒素、水素、炭素、酸素の化合物で、

アミノ酸が結合したものが蛋白質です。

シェーンハイマーはねずみに3日間、

マークつきのアミノ酸を与え、

ねずみの身体のどの部分に重窒素が吸収されるかを調べました。

その結果は、驚くべきものでした。

まず、投与量の27.4%が尿中に排泄され、

糞中に2.2%が排泄されました。

残りの大部分、すなわち56.5%が身体の蛋白質に取り込まれました。

ねずみのしっぽから目の中まで、

身体のありとあらゆる部位に取り込まれていましたが、

特に取り込み率が高かったのは、

腸壁、腎臓、脾臓、肝臓、血液、の順で、

筋肉への取り込みはわずかでした。


左の赤い丸はマーキングした原子

ネズミの青い丸はネズミが元から持つの原子