楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限



血中ケトン体濃度を家庭で測る




尿での検査は初心者のみ有効です。

ケトン体が安定すると尿中ケトン体はマイナスになります。

ですので、尿ではなく血液で計る必要があります。

血中ケトン体濃度を測る機械本体はアマゾンで買えます

この機械はケトン体と血糖値と両方が計れます。


      




ケトン体を計る場合

計るごとに消耗品β-ケトン測定電極Ⅲと

アボット純正穿刺針28Gが要りますが

医療用医薬品扱いですので

ネットの郵送販売ができません。

薬局で買う(取り寄せで時間がかかります)か

下記からアメリカ経由で買うことになります。



▽β-ケトン測定電極Ⅲ

(図をクリック)








▽アボット純正穿刺針28G

セット販売のアボットスマートブルーセンサーは

血糖値を計るとき必要です。





● ケトン体  一回計るごとに

  β-ケトン測定電極Ⅲ1枚+アボット純正穿刺針28G1本



● 血糖値  一回計るごとに

 アボットスマートブルーセンサー1枚+アボット純正穿刺針28G1本

が必要になります






朝の空腹時でのケトン体濃度 

 0.5 mmol/L以下はケトーシスとは言えないレベル

 0.5-1.5 mmol/L は程よいレベル

 1.5-3 mmol/L が体重減少に関しては最適レベル

 3mmol/L 以上はあまり必要ありません。


午前中はコルチゾールによる糖新生が起こるため、

ケトン値は低めです





ある日の私の血中ケトン体濃度

バターが多くタンパク質が少なかったので3.9mmol/Lと

高かったです。

もっとタンパク質を多くすると1.5前後に落ち着き、

体調もその位がベストのようです。